メキシコ産 モラド オパール (一面研磨)

LOCATION : メキシコ

3,000円

  • 品番 : MPOP-7

在庫 : 0

売り切れ

22mm×18mm×13mm    5g

オパールの産地としてはオーストラリアに並び一大産地として知られる
メキシコで産出されたパープルオパールの一面ポリッシュです。

オパールは、和名を蛋白石と呼び、クォーツなどと同様に珪素を
主体とする鉱物で、非常に水分が多い鉱物として知られています。
その種類は非常に多岐にわたっており、表面の色合いだけでなく
母岩となる下地の色、産地や産状などにより宝石学的に名称が
いくつにも細分されています。
コモンオパールは、オパールの最大の魅力であるとも言える遊色=
イリデッセンス(プレイ・オブ・カラー)を示さないものと
なっています。

なお、オパールは扱いが難しいと思われがちですが、衝撃・乾燥・熱
という3点に気をつければさほど大変な鉱物ではありません。
特に、乾燥や熱には弱いので強い日差しや照明などの下に長時間
晒したりせず、こまめに水に浸したり、容器に水を入れて近くに
置くなど乾燥を出来るだけ避ける様にしてください。

こちらは、メキシコで産出された石灰質の白いノジュール内に
美しいパープルの色合いを見せるオパールとなっています。
透明感のある独特の雰囲気を持ったコモンオパールの一種と
なっており、紫外線により緑色の蛍光を示します。
産出はごく新しい部類に入り、一面を研磨した状態となっています


LOCATION

Morado, Mexico

© 2005-2019 arth. Powered by arth-mineral.jp