タンザニア産 タンザナイト結晶(ブルーゾイサイト)

LOCATION : タンザニア

5,500円

  • 品番 : MTAN-17

在庫 : 0

売り切れ

25mm×17mm×11mm    6.9g

貴石の産出国としてよく知られるアフリカ・タンザニアで産出された
タンザナイトの原石です。

タンザナイトは、宝石名であり鉱物的にはゾイサイト(黝簾石)
という鉱物のブルーないしはバイオレットカラーを帯びた変種と
なっています。
このゾイサイトは、エピドートなどが属する鉱物となっており、
ピンクのチューライトや緑色のアニョライトなどもタンザナイトと
同様にゾイサイトの変種となっています。
このタンザナイトという名前は、宝石界では有名なティファニーが
命名しており、産地であるタンザニアに因んで名付けられました。
宝石としては、比較的新しい部類に入り、他の地域で産出される
ゾイサイトでは加熱によるブルーの色合いは得られません。
結晶の形は、エピドートと非常によく似た斜方晶系に属する形状で、
エピドートと同じく強い多色性を持っています。
一般的に流通する宝飾品としてのタンザナイトは、その大半が
加熱による処理を施しており、逆に言うと非加熱で色合いが均一な
ブルーまたはバイオレットの結晶は極僅かなものとなっており、
褐色の色合いが入ったものとなっています。

ご紹介のタンザナイトは、最初に発見された産地としても知られる、
タンザニア・メレラニで産出された結晶となっています。
全くの非加熱結晶となっており、光に透かすと部分的に褐色の
色合いが混ざった事から非加熱である事が分かります。

こちらは、部分的に結晶面を持ったタンザナイトの原石となっており、
比較的濃くタンザナイトのカラーがのっています。
光に透かすと程よく透過性を持った原石となっており、透かすと美しい
色合いを見せてくれます。
このような原石はほぼ加熱処理が施されていますがこちらも同様に
加熱による処理が施されていると思われます


LOCATION

Mererani, Lelatema Mts, Arusha Region, Tanzania

© 2005-2018 arth. Powered by arth-mineral.jp