ナミビア産 アクアマリン柱状結晶

LOCATION : ナミビア

4,900円

  • 品番 : MAQE-28

在庫 : 0

売り切れ

34mm×17mm×16mm   6.8g

ブランドバーグの水晶などで知られるナミビア・エロンゴで産出された
アクアマリンの柱状結晶です。

アクアマリンは、ベリル(緑柱石)といわれる鉱物の一種で、鉄を含む事に
よってブルーの色合いを発色しています。
ベリルの中でも比較的大きなサイズになるまで成長する鉱物で、結晶は
六方晶系に属する柱状結晶を形成します。
現在では、ベリルの中でも比較的安価な鉱物である事もあり、アクセサリー
としての需要も多く、人気の高い鉱物となっています。
このブルーの色合いは従来淡い緑色を伴っているものや色が淡いものが多く、
宝飾用に加工される場合はエンハンスメントされているものがそのほとんどです。

ナミビア・エロンゴは様々な鉱物を産出する地域であることは知られており、
アクアマリンやトパーズなどをはじめ多岐にわたって鉱物を産しています。
アクアマリンに関しては、天然の状態でとても濃い色合いを示すものも
多く見られ美しい柱状結晶のものが見られるのが特徴です。
また、クォーツやショールなどと共生したものも多く見られます。

こちらは、エロンゴ産のアクアマリンらしい濃い色合いが特徴的な
結晶となっています。
透明感と光沢感は程よく持った結晶となっており、一本の結晶の上に
もう一つ小さな結晶が乗っています。
上の結晶はしっかりとターミネーションが残っており、この結晶に
もう一つ小さな結晶が伴われています。
後ろ面には、薄く長石を被っていますが正面から見た様子は
とても色合いが濃く、光沢感も持った標本となっています。


LOCATION

Erongo Mountain, Erongo Region, Namibia

© 2005-2020 arth. Powered by arth-mineral.jp