コンゴ産 マラカイトinクォーツ(ドロマイトマトリックス)

LOCATION : コンゴ

5,800円
特価: 4,640円
割引: 20%OFF

  • 品番 : QOCO-2

在庫 : 1

カートに入れる:

76mm×47mm×33mm   124

コンゴ(旧ザイール)は、アフリカにおいても最大の鉱物産出国として
知られており、非常に美しい鉱物が流通しています。

産地であるカタンガは、マラカイトやクリソコラ、ダイオプテーズなどを
はじめとする銅の二次鉱物やコバルトカルサイト・ドロマイトなど非常に
多岐にわたる鉱物を産出する産地として知られています。
特に、マラカイトの産地としては世界でも有数の産地となっており、
流通するマラカイトの工芸品の多くはこの産地からのものとなっています。

コンゴは、水晶の産地としては特にシトリンが知られていますが、
他にも様々な水晶が産出されており、このカタンガではマラカイトや
クリソコラを含むグリーンやブルーの水晶も産出されます。

こちらは、いわゆるジェムシリカで知られるクリソコラinクォーツの
マラカイト版といった感じでドゥルージークォーツの中にマラカイトが
含まれたクォーツとなっています。
グレイッシュな色合いをしたクォーツの奥深くにグリーンの色合いが
入っており、底面を見るとクォーツに浸透して淡いミントグリーンの
色合いをしています。
ドゥルージークォーツらしいジラジラと微細な煌めきを放っており、
底面などカタンガ定番とも言える赤褐色の色合いを帯びたドロマイトが
伴われています。
おそらくはコバルトを含むコバルトドロマイトとなっていますが
鉄分などの影響か黒味が勝っています


LOCATION

Kambove District, Katanga Copper Crescent,

              Katanga, Democratic Republic of Congo

© 2005-2018 arth. Powered by arth-mineral.jp