大分県・尾平鉱山産 水晶群晶

LOCATION : 日本

1,100円

  • 品番 : QJOM-132

在庫 : 0

売り切れ

38mm×33mm×23mm    11g

日本の水晶の中でも、比較的有名な部類に入る、マリモ水晶で有名な
大分県尾平鉱山の水晶群晶です。

この尾平鉱山は、古くから錫の産地として稼働し、昭和20年頃まで
大変栄えた鉱山でした。
鉱山としては、50年前に閉山してしまいましたが、その後も地元の方々
などにより水晶などの様々な鉱物が産出されました。
現在では、この坑道も水没してしまい、産出される事はなくなってしまい
過去の流通品のみとなってしまいました。
この尾平鉱山で、最も有名な水晶がマリモ水晶と呼ばれる水晶で、球状の
緑泥石の一種がマリモに見える事からこの名前が付けられました。
なお、この尾平鉱山はコウモリ坑をが最も有名なマリモ水晶の産地として
知られていますが、他にも水晶を産する鉱山がいくつかあります。

こちらは、尾平鉱山でもマリモ水晶で有名なこうもり坑ではなく、
ハジカミ坑で産出された小さな結晶が集まる群晶となっています。
この産地の主な特徴は、大半の結晶が小さくコウモリ坑や他の坑道と
同様に緑泥石などの内包物が見られるものが中心です。
この群晶は、頭付近のみが透明でそれ以外は靄の様なインクルが
見られる結晶群となっています。
母岩は伴っておらず、結晶の接合のみで成り立つ群晶となっており、
比較的欠損の少ない綺麗な状態となっています。
また、この産地は日本式双晶がしばしば見られるのが特徴です。


LOCATION

大分県大野郡緒方町尾平鉱山ハジカミ坑

© 2005-2020 arth. Powered by arth-mineral.jp