イティンガ産 レオパードスモーキークォーツ(カテドラル)

LOCATION : ブラジル

39,000円

  • 品番 : SQBI-43

在庫 : 0

売り切れ

146mm×109mm×89mm   1526

ブラジルは世界でも有数の鉱物産出国であり、中でも水晶はとても有名です。
特にミナスジェライスに関しては、その採掘される水晶の多様性に富んでおり、
美しいものや形状が変わったもの等が多く産出されます。

イティンガで産出されるクォーツは、インディゴライトを内包した
ブルークォーツの産地として有名ですが、全体的に他の鉱物との共生が
多く見られるように思います。

こちらは、非常に大きなサイズの結晶で複雑に入り組む錐面をいくつも
持った見事なカテドラル状の形状を成しています。
特にサイドから見るカテドラル形状は、光を反射させるとギラギラと
鳥肌が立つ様な美しさを見せます。
底面は再結晶したセルフヒールドとなっており、大きな錐面を持った
DTに近い形状をしています。
再結晶面はぽっこりと小さな頭も出ており、錐面や柱面には微細な
結晶がびっしりと付着してキラキラと強い煌めきを放っています。
色合いは、全体的に淡いタイプで大きな結晶である事も影響してか、
透明感は若干損なわれていますが、高い光沢感は持っています。
また、この結晶の最大の魅力は、ヒョウ柄の様に無数に入った
黒いスポット模様が見られる事で、ホットスポットとも呼ばれる
特徴となっています。
この大きさがありながら目立ったダメージも殆ど見られず、
カテドラル形状やヒョウ柄模様、再結晶面など非常に見所が多い
見事な結晶となっています


LOCATION

Aqueana, Itinga, Minas Gerais, Brazil

© 2005-2018 arth. Powered by arth-mineral.jp