パキスタン産 ジルコン母岩付結晶

LOCATION : パキスタン

4,200円

  • 品番 : MOZI-6

在庫 : 1

カートに入れる:

59mm×44mm×34mm   107
 
非常に多岐にわたる種類の鉱物を産出する事で知られるパキスタンの
スカルドゥで産出されたジルコンの結晶です。

ジルコンは、名前の通りジルコニウムの珪酸塩鉱物として知られており、
不純物を含まない無色透明のものは、ダイヤモンドの代用品としても
その昔には使用されていました。
美しい結晶は、スピネルやルビーに似た真紅の色合いをしており、
多くは非常に強い蛍光を示します。
スカルドゥを含め、パキスタンやアフガニスタン、ミャンマーなどでは
曹長石や苦灰石などを含む白い母岩中に八面体等の結晶を成したものが
多く見られます。
なお、スピネルと比較するとこの母岩付結晶での流通は少ないと言え、
稀産鉱物ではありませんが、美しい結晶は同じく少ないと言えます。

こちらは、ドロマイトや石英主体としたずっしりとやや大きめの
母岩の上に結晶がいくつか乗っています。
母岩には黒く微細なバイオタイトが伴われており、上面には
びっしりと黒く覆っています。
ジルコンの結晶は大きなもので1cm程度の大きさがあり、
強い光沢感と深い赤味の色合いをした結晶となっています



LOCATION

Shigar Valley, Skardu District, Baltistan, Pakistan

© 2005-2017 arth. Powered by arth-mineral.jp