ブラジル産 シトリンクォーツ (インディゴライト)

LOCATION : ブラジル

8,500円

  • 品番 : CQBR-169

在庫 : 0

売り切れ

48mm×30mm×22mm   35g

ブラジルは世界でも有数の鉱物産出国であり、中でも水晶はとても有名です。
特にミナスジェライスに関しては、その採掘される水晶の多様性に富んでおり、
美しいものや形状が変わったもの等が多く産出されます。

ご紹介の水晶は、インディゴライトを内包するブルークォーツが
産出される事で有名なイティンガで採掘されたシトリンです。
シトリンは採掘量が非常に少なく、現在流通しているシトリンには
アメジストを加熱したものや放射線処理など、天然石を加工した物が多く、
天然で採掘されるものはとても淡い色合いのものがほとんどです。
また、カラー水晶の中では、ローズクォーツに次ぎ結晶した状態での
産出が少ない水晶と言えます。

天然色(未処理)のシトリンクォーツで、とても淡い澄んだカラーが
爽やかな雰囲気を持っています。

こちらは、全体にレモンイエローのような色合いが乗った結晶と
なっており、手頃なサイズの結晶となっています。
透明感と光沢感も程よく持っており、この産地らしくやや控えめな
カテドラル風の形状をしています。
内部には、針状のインディゴライトが内包されており、表面にも
インディゴライトが付着している箇所も見られます。
大きく目立ったダメージも見られず、爽やかな雰囲気の色合いをした
綺麗な結晶となっています

LOCATION

Arqueana Itinga, Minas Gerais, Brazil

© 2005-2017 arth. Powered by arth-mineral.jp