ブラジル産 スフェーン&エピドート クラスター(チタナイト)

LOCATION : ブラジル

4,600円

  • 品番 : MSPP-20

在庫 : 0

売り切れ

38mm×35mm×29mm    26g

ブラジルは世界でも有数の鉱物産出国であり、中でも水晶はとても有名です。
特にミナスジェライスに関しては、水晶に限らず様々な鉱物が産出されています。

和名を『くさび石』と呼ぶスフェーンは、その名の通り結晶体が
くさび形をしている事からギリシャ語のくさびを意味するスフェノスが
名前の由来となっています。
また、『チタナイト』という別称を持っており、この名前は成分である
チタンに因んだ名前となっています。
世界の様々な地域から産出は見られますが、ブラジルやマダガスカル、
パキスタンなど一部の地域でのみ美しいカット用の原石が産出されます。

硬度が低い事から宝飾用には向いていませんが、高い屈折率を持ち、
強い煌めきを放つため人気の高い鉱物となっています。
光の分散という面ではダイヤモンドを凌ぐ輝きを持っており、
その分、稀少度の高い鉱物となっています。
含有する鉄の度合いで黄色、緑色、金色、橙、褐色と様々な色合いを見せ、
多色姓も強い鉱物となっています。

こちらは、長石類を主体とした母岩にいくつものスフェーンの結晶が
広がるクラスターとなっています。
結晶は、薄く平たい形をしており、高い透明感と光沢感を持った結晶と
なっています。
また、明るいグリーンに混じってとても濃いグリーンのエピドートの
結晶が混在したクラスターとなっています

LOCATION

Campo do Boa Mine, Capelinha, Minas Gerais, Brazil

© 2005-2018 arth. Powered by arth-mineral.jp