アフガニスタン産 ラピスラズリブロック

LOCATION : アフガニスタン

900円

  • 品番 : MLAF-123

在庫 : 0

売り切れ

46mm×17mm×16mm   18

ラピスラズリの産地としては、古くから有名なアフガニスタン産の
ラピスラズリのブロックです。
現在では、アフガニスタンをはじめ、アフリカやロシアなどが多く
流通していますが、強く色むらが少ない青さを持ったものは、
アフガニスタン産が多く見られます。
ラピスラズリは、結晶体として産出されるものが少なく、ペルシャ語の
青を意味する『Lapis』を語源としています。
また、古くから装飾品や絵の具の材料など様々な地域で珍重され、
ラズライトの名前が本来の名前となっています。
質の高いものは、全体に色が入り、濃い群青色にパイライトが
散りばめられた夜空のようなものが良いとされていますが、
そのほとんどが研磨され原石での流通が少なくなっています。

こちらは、手頃な大きさのブロックとなっており、カルサイトなどの
白い部分が見られます。
所々に微細なパイライトも散りばめられており、青みもありますが
群青色と言うほど質の高い青ではありません。
水に軽く濡らすとさらに美しい色合いを見せ、紫外線長波により
白い部分がオレンジ色の強い蛍光を示すものも見られます。


LOCATION

Badakhshan Afghanistan


© 2005-2018 arth. Powered by arth-mineral.jp