アフガニスタン産 クンツァイト結晶(スポデューメン)

LOCATION : アフガニスタン

4,600円

  • 品番 : MKZA-84

在庫 : 0

売り切れ

39mm×22mm×17mm    20.5

ラピスラズリの産地としてとても有名なアフガニスタンで産出された
クンツァイトの結晶です。

クンツァイトは、多色性の強いスポデューメンのうち、微量なマンガンによる
ライラック又はピンクの色彩を帯びたもので、塊状又は柱状での結晶を成します。
美しいものは、ガラス光沢と高い透明感を持ち、半貴石の中でも人気の高い鉱物です。
劈開性が強く、角度により無色、ピンク・ライラックなど様々な色彩を織りなす
特徴があり、キャッツ効果を持つものも見られます。

アフガニスタン産は、ブラジルに並ぶ産出量を誇り、ピンク系の色合いが強い
ブラジル産に対し、パープルに近いライラックカラーの色合いが特徴です。

こちらは、やや太さのある柱状結晶となっており、大きさのある結晶と
なっています。
透明感と光沢感も程よく持った結晶となっており、底面は部分的に
再結晶面となっています。
色合いはやや淡く、見る方向によってピンクからライラックカラーに
色味が変わる多色性も楽しめる結晶となっています。


LOCATION

Mawi, Nuristan Province, Afghanistan

© 2005-2018 arth. Powered by arth-mineral.jp