ブラジル産 ローズクォーツプチ結晶

LOCATION : ブラジル

2,400円

  • 品番 : RSQB-132

在庫 : 0

売り切れ

21mm×18mm×11mm    3.7

ブラジルは世界でも有数の鉱物産出国であり、中でも水晶はとても有名です。
特にミナスジェライスに関しては、その採掘される水晶の多様性に富んでおり、
美しいものや形状が変わったもの等が多く産出されます。

ローズクォーツは、ピンク系の乳白色の色合いになっているもので、
この色合いの原因は主にインクルージョンされた金紅石が影響しています。
最近では、この色合いの要因が全てではなく他の鉱物の影響もあると
囁かれている事から、紫外線などによる褪色も考えられる鉱物と
なっています。
また、採掘されるもののほとんどが塊状であることから、多くの流通品が
ポリッシュになっており、結晶しているものは、ほんの一部の産地でしか
産出されていません。

こちらは、インディゴライトやそれを内包するブルークォーツで
有名なイティンガ・ジェニパポで産出された結晶となっています。

ややマットな雰囲気がありますが色合いが濃い小さめの結晶と
なっています。
透明感と光沢感は持っていませんが、結晶面はしっかりとしており、
小さなクラスターといった雰囲気の結晶となっています


LOCATION

Jenipapo Itinga Minas Gerais, Brazil


© 2005-2018 arth. Powered by arth-mineral.jp