ブラジル産 ブルーアパタイト柱状結晶(DT)

LOCATION : ブラジル

1,500円

  • 品番 : MAPB-150

在庫 : 0

売り切れ

20mm×7mm×6mm    1.74

とても濃いブルーが特徴的なブラジルで産出されたアパタイトの
柱状結晶です。

アパタイトは、六方晶系の柱状、板状、塊状、腎臓状など様々な
結晶体を成します。
色彩のバリエーションは豊富な部類に入り、含有する他の鉱物により
赤・黄色・緑色・青色などが見られます。
産出されるアパタイトの大半は、フルオロアパタイトとなっており、
フッ素を含みカラーバリエーションも豊富なアパタイトとなっています。

ご紹介のアパタイトは、ルチルの産出地としてとても有名な、
ブラジル・バイーア州で産出されたアパタイトとなっており、
ブラジルで産出されるアパタイトの代表的な色合いとなっています。
前述の通り、一般的なフルオロアパタイトの結晶となっています。
透明感があり美しいものは、ビーズやルースとしてカットされており、
カイヤナイトに似た濃いブルーが特徴的です。

一見すると、表面が少しマットでブルーの色合いが濃い為に、
分かりづらいのですが、光に透かすととても美しいブルーの色合いを
見せてくれます。

こちらは、濃いながらも光に透かすと美しいネオンブルーの色合いを
見せる結晶となっています。
色合いが濃い為に分かり辛いですが、透明感も高く、程よい光沢感も
持った結晶となっています。

LOCATION

Ipira, Bahia, Brazil

© 2005-2018 arth. Powered by arth-mineral.jp