チリ産 ジェムシリカクラスター(クリソコラinクォーツ)

LOCATION : チリ

4,200円

  • 品番 : MCQC-20

在庫 : 1


43mm×35mm×34mm   52g

ペルーやアルゼンチンと並んで様々な金属鉱物などを産出する事で
知られるチリで産出されたクリソコラの上にクォーツが結晶した
ジェムシリカのクラスターです。

クリソコラは、マラカイトやアズライトなどとの共生鉱物として、
多く見られ同産地においても、マラカイトとの共生が多産されています。
結晶は、針状や塊状・粒状などが見られ、とても美しい青色を示します。
また、通常は脆く弱い結晶となっていますが、石英に染み込む事があり、
特にアメリカでは、ジェムシリカとして珍重されています。

ジェムシリカは、アリゾナの他にペルーやチリなどの南米や
コンゴ、ナミビアなどが知られています。
前述の通り、水晶に染み込んだクリソコラの美しいブルーが
特徴的な鉱物となっており、ルースなどでも流通します。
宝飾品として扱われるジェムシリカは、クリソコラを含んだ
クォーツの層の部分のみを利用し、より細かいドゥルージーの
ものほど良いとされます。

こちらは、チリで産出されたクリソコラinクォーツとなっており、
クリソコラを含んだスカイブルーのゥルージークォーツが茶褐色の
母岩に包まれた様に広がるクラスターとなっています。
アリゾナやペルーとも少し雰囲気が異なり、母岩と結晶部分の色合いの
コントラストがとてもはっきりとしたジェムシリカとなっています。
また、母岩には球状のシャッタカイトが共生しています

LOCATION

Inca de Oro, Chanaral Province, Atacama Region, Chile

© 2005-2020 arth. Powered by arth-mineral.jp