ブラジル産 ユークレース&クォーツクラスター

LOCATION : ブラジル

3,600円

  • 品番 : MEBU-15

在庫 : 0

売り切れ

46mm×36mm×19mm   25g

ブラジルは世界でも有数の鉱物産出国であり、水晶を始め様々な鉱物が
産出されていますが、中でもミナスジェライス州は、特に多くの鉱物を
産出する事で知られています。

稀少鉱物として知られるユークレースは、簡単に割れる強い劈開性を
持つ事からその名が由来しています。
完全な結晶体での産出は少なく、多くはペグマタイト鉱床での産出と
なっています。
ペグマタイト鉱床での産出が主となる事から分かるように、成分的には、
ベリルと非常によく似ており、元々はコロンビアでのエメラルドを
採掘する際に同時に産出されていたと言われています。
美しいものは明るいスカイブルーの色合いをしたものが産出されますが、
他にも、無色・黄色・緑色・紫色などのバリエーションがあります。
大きな結晶は殆ど産出されず非常に稀となっています。

産地としては、前述のコロンビアをはじめ、ブラジルやロシア、
アフリカの一部で産出されています。

こちらは、ブラジルにおけるユークレースの産地として最も知られる
リオ・グランデ・ド・ノルテ州で産出された標本となっています。
いくつもの結晶が長石や石英をベースに接合する小さなサイズの
クラスターとなっています。
極々淡くブルーの色合いが入った結晶も見られますが、
全体的にほぼカラーレスといえる結晶となっており、しっかりと頭を
残す結晶がいくつも含まれたクラスターとなっています。
また、ユークレースに混じって水晶の結晶も広がるクラスターと
なっています

LOCATION

Alto Santo, Equador, Borborema mineral province,

     Rio Grande do Norte, Northeast Region, Brazil

© 2005-2021 arth. Powered by arth-mineral.jp